疑問・不安…今さら聞けない【脱毛Q&Aまとめ】

脱毛,Q&A

脱毛サロンに行こうと考えているけど、他の脱毛方法との違いがイマイチわからない…しかも、はじめてだから何だか不安に感じているのではないでしょうか?そこでこのページでは、脱毛初心者の方が感じる疑問や不安、質問などをQ&Aでまとめて紹介しています。ここで、モヤモヤを解消して、気持よく脱毛サロンの無料カウンセリングに申し込めるようにしてくださいね。

サロンの光脱毛とクリニックのレーザー脱毛の違いとは?

脱毛,Q&A

【答え】原理的な仕組みは光脱毛とレーザー脱毛は同じです。違いはレーザー脱毛のほうが出力が高く効果が早く出ること

 

名前だけ聞いても一体何が違うのか理解できないですよね。脱毛サロンで多く採用されているのがフラッシュ(光)脱毛で、クリニックでは医療レーザー脱毛が行われています。

 

ふたつの脱毛方法は全く違う脱毛方式なのかというと、実は原理的には全く同じで、黒いもしくは茶色い部分に光やレーザーが吸収されることで、高熱が発生して毛根にダメージもしくは破壊して毛が生えなくなるという脱毛方法です。

 

効果の違いで言うとレーザー脱毛のほうが出力が高いため、当然早い効果を期待することができますが、その分波長がせまいという特徴があります。光脱毛のほうが効果が少ないだけなのか?と言うとそういうわけではなく、光脱毛の光はより広範囲に光を照射できる特性を持っているため、面積が広いほど脱毛施術スピードが早く、レーザー脱毛が苦手としているうぶ毛の脱毛を得意といった特徴をもっています。

 

さらに、光脱毛の光には美白・毛穴引き締め作用があるのも特徴のひとつです。

 

一般的にレーザー脱毛は痛みが強いと言われていますが、その場合には出力を下げて脱毛を始めていき、毛が薄くなってきたら少しずつ出力を上げていくという方法が一般的なので、痛みに弱い方はカウンセリング時にその旨を伝えておくと良いでしょう。

 

ちなみにレーザー脱毛は医療行為とみなされ、使い方によっては危険性がたかいことから、医療機関でしか取り扱えない機械です。レーザー脱毛のほうが料金が高くなりますが効果が早く、光脱毛は料金が安くて肌に負担が少ないことと、うぶ毛や美白効果などの美容効果を期待できるのが特徴です。

永久脱毛ってサロンでもできないの?

脱毛,Q&A

【答え】厳密に言うと、永久脱毛と呼べるのはニードル(電気針)脱毛と呼ばれる脱毛方法のみです。

 

永久脱毛の定義があいまいということもあるのですが、現在日本では永久脱毛のさだめがありません。そのため唯一永久脱毛と確実に認められているのは、日本で言うところの厚生労働省にあたる、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)がニードル(電気針)脱毛のみ永久脱毛と認めています。

 

何故、アメリカなの?という疑問をお持ちの方もいると思いますが、脱毛先進国と言われるアメリカでは、ニードル脱毛は140年以上の歴史を持つため、その効果や安全性が認められているからなんですね。

 

とは言え、ニードル脱毛は1本ずつ処理を行い、確実に処理できるメリットはあるものに手間がかかることから料金が高額になることから、最近では脱毛サロンの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛が一般的です。

 

中には、レーザー脱毛が永久脱毛だと思っていた方もいるかもしれませんが、厳密に言うとレーザー脱毛も脱毛サロンの光脱毛もどちらも永久脱毛はできないというのが結論です。

 

でも、残念がらないで欲しいのが、それはレーザー脱毛の歴史がまだ浅いために、確実な検証結果が出ていないためと言われていて、実際にはレーザー脱毛で永久脱毛と呼べるほどの効果を期待できる脱毛方法と言えるでしょう。

 

最後に永久脱毛はサロンでも可能なの?ということになりますが、あくまでも脱毛サロンでの光脱毛は美容脱毛にあたることから、除毛や減毛が目的の脱毛方法なので、永久脱毛ではありませんが、サロンで脱毛に通い続けるとどうなるのかについては次の項目で詳しく説明しています。

脱毛サロンで自己処理不要になることは可能?

脱毛,Q&A

【答え】サロンの光脱毛は美容脱毛であり、永久脱毛ではありませんが、しっかりと通い続けることで自己処理不要の状態になれます。

 

多くの女性がサロンで脱毛を行なった経験を元にお話ししますが、脱毛サロンでの脱毛は永久脱毛ではありませんので、即効性の高い脱毛法ではありません。なぜなら、一度で毛根を破壊する程のパワーは光脱毛にはないためです。

 

ですが、繰り返し(1年から2年ほど)通い続けることで、毛根にダメージが蓄積された結果、毛が生えてこなくなるという状態にすることは可能です。

 

もちろん、個人差があるのですが、実際に脱毛サロンに定期的にしっかりと通い続けた女性で、自己処理が不要になった女性も多いことからも間違いのない事実と言えるでしょう。

 

ですが、レーザー脱毛よりは時間がかかるのも事実ですので、その点を考慮に入れて脱毛サロンにするのか、医療脱毛にするのかを決めていただくのが良いでしょう。(全身脱毛6回を例にすると、お得な月額制の脱毛サロンで全身6回で11〜12万円ほど、クリニックで全身脱毛なら6回で40万円前後くらいの料金です。)

 

1年から2年の期間、脱毛サロンに通い続けると、ムダ毛が抜けてもしばらくすると、また生えてくるといったこともあるのですが、何度も繰り返すうちに生えてこない部位が広がっていくイメージで、回数を繰り返すうちにドンドン自己処理の手間が少なくなり、最終的に完全に自己処理不要になる、というのがサロンでの脱毛の流れですので、それまで根気よく通うことが大切です。

全身脱毛と部分脱毛のどちらがお得?

脱毛,Q&A

【答え】全身脱毛の方がかなりお得に通える

 

全身脱毛はその名の通り、全身のムダ毛をまとめて処理することから効率的で、しかもまとめて申し込む分、割安で通えるお得感があるのは間違いないです。
通うサロンによってある程度の違いはありますが、3〜4ヶ所以上の脱毛を行うのであれば、おもいきって全身脱毛にしてしまうほうがお得になることも考えられます。そのあたりを参考に全身脱毛にするのか、部分脱毛にするのかを決めていくのが良いでしょう。

 

ワキ脱毛と腕、脚などの定番箇所以外の脱毛を一切考えていないのであれば、部分脱毛のほうが料金的には少なく済みますが、それ以上となると全身脱毛を選ぶのがおすすめと言えるでしょう。

 

3〜4ヶ所以上だと、全身脱毛のほうがお得になるケースが多くなりますが、それはあくまでも通常時の場合で、キャンペーンなどが行われている際には、必ずしも当てはまらないので、脱毛に通い始める時には期間限定のキャンペーンなどもチェックしておくことをおすすめします。

 

サロンで全身脱毛完了まで何回通えばいいの?

脱毛,Q&A

【答え】毛質や体質による個人差が大きく影響する脱毛には個人差があるので、全身脱毛完了までには1年の人もいれば、2年くらいかかる人もいる。

 

まず、脱毛サイクル(毛周期)にあわせて、2〜3ヶ月で全身1回のペースで通うのが一般的で、全身脱毛完了までには1〜2年間、脱毛ペースを守って繰り返し施術を受ける必要があります。

 

毛周期は(成長期⇒退行期⇒休止期)を繰り返していて、成長期のムダ毛に脱毛機の光を当てることで脱毛効果を発揮させることができます。ですので、退行期や休止期の毛穴に光を当てても、その時期のムダ毛には効果的なアプローチはできません。

 

あくまでも成長期段階に当たるムダ毛は2割程度と言われていますので、その段階にあたるムダ毛にしか脱毛効果はありません。2〜3ヶ月おきに脱毛を行う理由は、退行期や休止期のムダ毛が成長期になり、毛が生えて来るのを待ちながら施術を繰り返して行く必要があるからなのです。

 

そのような理由から、脱毛には時間がかかることがおわかりになると思います。さらに細かくいうと、ワキの毛周期は3〜5ヶ月、VIOは1〜2年、腕は3〜5ヶ月、脚は4〜6ヶ月など、脱毛周期もバラバラなのですが、各サロンでは脱毛効果や効率、低価格を実現するために、うまくバランスを取りながら脱毛ペースを決めていきます。

脱毛部位で選ぶならこちらから♪

顔脱毛特集 ワキ脱毛特集
腕脱毛特集 背中脱毛特集
VIO脱毛特集 脚脱毛特集
全身脱毛特集