手軽な方法から確実性重視まで様々な脱毛法をご紹介

脱毛方法

あなたは今までムダ毛の処理をどんな方法で行なってきましてか?もしかしたら、カミソリしか使用したことがないなんて方もいるかもしれませんね。

 

このページでは、カミソリのような除毛法ではなく、毛抜き・脱毛ワックス・電気脱毛器・ニードル(電気針)脱毛・家庭用脱毛器・レーザー脱毛・フラッシュ(光)脱毛について詳しく紹介していこうと思います。

一番身近な脱毛法!毛抜きの特徴は?

脱毛方法

毛抜きは一番身近でお金もかからない脱毛方法だけに、ムダ毛の処理方法として利用している方も多いと思います。カミソリと比べても日持ちするし仕上がりもすっきりすることから、自己処理の頻度が少なく済むので、毛抜きを日常的に行なっている方もいるでしょう。

 

手軽で安価なのが魅力なのですが、問題点はとても面倒だということ…カミソリに比べると大幅に処理の回数は減るものの、皆さん想像はつくかと思いますが、処理のたびに1本1本毛を引き抜く作業は、定期的に行うにはあまりにもヘビーな作業です。

 

さらに、毛抜きを繰り返していくと毛が途中で切れてしまうこともあり、それが皮膚の中に埋まることで『埋没毛』になったり、毛を引き抜いたあとにばい菌が入って化膿する『毛嚢炎』など、肌トラブルの心配もあります。

 

そこでこちらでは、毛抜きを使うときに心がけたい注意点をご紹介していきます。

綺麗な毛抜きの使い方

まず初めにお風呂場での毛抜きはおすすめできません。その理由として、お風呂場はでの毛抜きの使用は、毛を引き抜いた後にばい菌が入り込みやすく、毛嚢炎の可能性が高まるからです。

 

処理の前に、水を含ませて固く絞ったタオルをレンジで1分ぐらい温め(火傷に注意)、毛穴を広げてから処理するのが毛が抜けやすくなっておすすめです。肌を押さえながら引き抜くと痛みが軽減されます。

手抜きのメリット
  • お金がかからない
  • いつでも自分の好きなときにできる
毛抜きのデメリット
  • 1本ずつ毛を処理するのはとても面倒
  • 埋没毛や毛嚢炎での肌トラブルが心配
  • 毛穴のボツボツした感じはなくならない

欧米のデリケートゾーンで主流の脱毛ワックスの特徴は?

脱毛方法

脱毛ワックスは、サロンで行ってもらう場合と自宅で行うこともできる比較的安くて手軽なことから人気の脱毛方法です。

 

まずはじめにきれいに毛が抜け、痛みも軽減できるように、ムダ毛を前もって5ミリくらいの長さに切りそろえてから処理を始めるのがポイント。とろとろのワックスを専用のヘラを使用して肌に直接塗り、少し時間おいて固まったのを確認したら、気の流れと逆方向に一気に引き剥がすのがワックス脱毛です。

 

毛抜きとは違って、一気に処理ができることから面倒も少ないのが特徴で、さらに広範囲の脱毛が可能というのがワックス脱毛のメリットといえます。

 

デメリットはワックスを引き剥がす時の刺激が強いので、敏感肌の人は特に注意が必要で、肌荒れや毛が途中でちぎれることで起きる埋没毛、バイ菌の侵入による毛嚢炎の危険性もあるので、毛抜き同様に注意が必要となります。さらに2〜4週間おきに繰り返しの処理が必要なので、何度処理しても自己処理不要にはなれません。

 

その他、ワックス脱毛処理後は肌が刺激から熱を持つので、しっかりと冷やすことも忘れずにおこないましょう。

ワックス脱毛のメリット
  • 手軽で安価
  • 広範囲の脱毛ができる
  • 古い角質が取れてツルツルになる
ワックス脱毛のデメリット
  • 刺激が強いため肌の弱い方は要注意
  • 痛みが強い
  • 埋没毛になりやすい
  • 毛嚢炎にも注意が必要

一気に毛を引き抜ける電気脱毛器の特徴とは?

脱毛方法

電気脱毛器は回転しながらムダ毛を挟み込み、毛をスピーディーに引き抜いてゆく脱毛器です。フラッシュ脱毛器やレーザー脱毛器と比べると比較的安価で購入できるため、誰にでも取り組みやすい脱毛方法です。

 

電気脱毛器はヘッド部分を肌に密着させながらスライドさせてムダ毛を引き抜いていく方法で、事前に3〜5ミリ程度に長さを切り揃えておくと、処理しやすくて痛みも少ないのでお勧めです。

 

ワックス脱毛と同様に広範囲の脱毛が手軽に行えるのが魅力で、一気に引き抜いて行けることから手軽で楽ちんなのが最大のメリットです。

 

デメリットもワックス脱毛とよく似ていて、刺激が強いことから敏感肌など肌の弱い方は負担が大きく、炎症を起こしやすいのが問題点です。言い方が悪いですが無理やり毛を引き抜く方法なので、ワキ毛やデリケートゾーンは痛みが強すぎて使用するのは無理といって良いでしょう。

 

さらに、痛みがダイレクトなことから、比較的痛みが軽減できるお風呂場で使用する方も多い方法なのですが、ばい菌が入り込んで毛嚢炎になりやすいので、お風呂場は避けた方が良いでしょう。

電気脱毛器のメリット
  • 手軽で安価
  • 広範囲の脱毛ができる
  • 腕などの比較的毛の細い部分におすすめ
電気脱毛器のデメリット
  • 刺激が強いため肌の弱い方は要注意
  • 部位によって痛みが強すぎて使用できない
  • 埋没毛になりやすい
  • 毛嚢炎にも注意が必要

唯一永久脱毛と認められているニードル(電気針)脱毛とは?

脱毛方法

実は正式に永久脱毛と認められている脱毛方法はこのニードル(電気)脱毛のみなのをご存知ですか?

 

この方法とても歴史が古く、 1875年にアメリカで生まれた脱毛方法として有名で、日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDA(米国食品医薬品局)が唯一永久脱毛として認めている方法なんです。

 

ですが、意外に日本に導入されたのは遅くて、100年以上経った1970年にやっと日本にも永久脱毛が知られるようになりました。

 

ニードル脱毛のメリットはなんといっても確実な脱毛効果で、1本1本処理していく手間はあるものの確実に処理ができて、二度とその毛根からは毛が生えない状況にすることが可能です。さらに、日焼けした肌や色黒な方、色素沈着のある部分などでも問題なく脱毛を行うことができます。

 

とは言え、ニードル脱毛は痛みが非常に強く、1本づつの処理なので非常に時間がかかり、手間がかかり技術力も必要であることから料金が高いデメリットも合わせ持っています。その他、刺激が強い脱毛方法なので炎症起こすこともあります。

ニードル(電気)脱毛のメリット
  • 確実な永久脱毛が可能
  • 日焼けや色黒、色素沈着部分でも脱毛が可能
ニードル(電気)脱毛のデメリット
  • 痛みが強い
  • 刺激が強いため肌の弱い方は要注意
  • 施術に時間が掛かる
  • 料金が高い
  • 炎症に注意が必要

自宅でできるお手軽な家庭用脱毛器の特徴は?

脱毛方法

自宅で自分の好きな時に脱毛ができる家庭用脱毛器は一体どんな特徴を持っているのか?

 

家庭用脱毛器には大きく2つの種類があって、脱毛サロンで行われているフラッシュ(光)脱毛タイプとクリニックで使用されているレーザー脱毛タイプの2種類があります。

 

簡単に言ってしまうと、フラッシュ脱毛器は痛みが少なく、広範囲の脱毛が短時間に出来るのが魅力です。対してレーザー脱毛器は痛みが強く、一度に照射できる範囲が狭いけど脱毛効果が高いといった特徴があります。

 

家庭用脱毛器で人気なのは圧倒的にフラッシュ脱毛です。その理由は、先ほどお話しした通り、痛みが少なく広範囲の脱毛がいっぺんにできる魅力にあるようです。さらに、家庭用脱毛器の1番のメリットは自宅でいつでも好きな時間にできる手軽さにあります。

 

ですが、この手軽さが逆に裏目に出てしまう面もあり、それがデメリットになっているという話も耳にします。それは何かというと、使用しなくなってしまうということです。いつでも自分で手軽に出来るといっても、使用するのは自分なので意外に面倒で使わなくなってしまうという問題が…

 

その他、業務用と違い安全性確保のため出力は落ちることから、処理の回数は多く行わなくてはいけません。さらに、消耗品となるカートリッジを常に買い足しながら使用するランニングコストも必要になることから、購入してしまえばお金がかからないというわけではありません。

家庭用脱毛器のメリット
  • 肌に優しい
  • 痛みがほとんどない
  • 美肌効果も期待できる
  • 産毛にも効果が期待できる
家庭用脱毛器のデメリット
  • 日焼けした肌には施術ができない
  • 消耗品となるカートリッジを購入し続けなくてはいけない

クリニックで行う医療レーザー脱毛の特徴は?

脱毛方法

レーザー脱毛は黒と茶色の部分にレーザー光が吸収される波長でムダ毛に高熱を発生させて毛根を破壊する脱毛方法です。闇雲にレーザーを当てれば良いというわけではなく、毛周期(成長期⇒退行期⇒休止期)という毛の発毛サイクルの成長期の時にレーザーを適切に照射することで、効果的に脱毛を行える方法です。

 

メリットはなんといっても脱毛効果がニードル脱毛の次に効果的な方法であること。デメリットは他の脱毛方法と比べると痛みが強いことと、色黒の方や日焼けしている方、色素沈着が強い部位だと、脱毛が不可能もしくは出力を大幅に下げる必要があること。これでは、せっかくの医療脱毛の効果を発揮させることができなくなってしまいます。

 

その他、レーザー脱毛の光は波長が狭くうぶ毛脱毛が苦手。レーザー脱毛に向いている脱毛部位は毛の色素が濃くてしっかりしたムダ毛ということになります。

医療レーザー脱毛のメリット
  • ニードル脱毛の次に効果のある脱毛法
  • お医者さんがいる安心感
医療レーザー脱毛のデメリット
  • 痛みが強い
  • 刺激が強いため肌の弱い方は要注意
  • 色黒な方や日焼け肌、色素沈着の部位は基本NG
  • 料金が高い

脱毛サロンで行うフラッシュ(光)脱毛の特徴は?

脱毛方法

脱毛サロンで行うフラッシュ(光)脱毛は、厚生労働省が定めているレベル以下の出力で脱毛を行えば医療行為にあたらない、IPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛マシンを使用して施術を行ないます。

 

医療レーザー脱毛器とおなじ原理の脱毛法で、レーザー脱毛との違いはフラッシュ脱毛は波長が広く、より広範囲の脱毛効果があり、うぶ毛脱毛にも効果が期待できる脱毛法である代わりに、レーザー脱毛よりも出力が低いという点にあります。

 

さらに、肌に優しい脱毛方法で、ほとんど痛みを感じないのも大きな特徴と言えるでしょう。その他、フラッシュ脱毛の光には美白効果や毛穴引き締め効果もあると言われていて、脱毛と美肌効果も期待できることも魅力ポイントです。そして、脱毛サロンが多くの女性に支持されるイチバンの特徴が格安料金でコストパフォーマンスが良いということです。

 

デメリットはレーザー脱毛のように毛根を破壊するほどのパワーはないので、スグに毛が生えてこない状態にはできないことで、1〜2年位は通う必要が有ることでしょう。

 

詳細に関しては、こちらの【脱毛Q&Aまとめ】で紹介しているので、こちらもチェックしてくださいね。

サロンのフラッシュ脱毛のメリット
  • 料金が安い(将来的なコストパフォーマンス)
  • 肌に優しい脱毛
  • より広範囲の脱毛が可能でスピーディー
  • 痛みがほとんどない
  • 美白&毛穴引き締め効果
  • うぶ毛にも効果が期待できる
サロンのフラッシュ脱毛のデメリット
  • 色黒な方や日焼け肌、色素沈着の部位は基本NG

いろんな脱毛方法の比較【まとめ】

いかがでしたでしょうか?脱毛と言っても様々な脱毛法があり、もしかしたらはじめて耳にする脱毛法もあったのではないでしょうか?

 

実は現在のような、脱毛に通うことをより身近に一般的なものとしたのが脱毛サロンなのです。

 

その理由は先程もサロンの紹介でもお話したとおり、価格破壊とも言えるほどの格安料金で脱毛が可能になったことにあります。その理由は、脱毛マシンの進化によって、スピーディーに広範囲に行える脱毛マシンが開発されたことにあるようです。

 

まだまだ脱毛マシンの進化は進んでいて、脱毛施術時間が短く、より効果的で安全な脱毛マシンが続々登場しています。脱毛方法も進化していて、冷却ジェルで体が冷える問題も脱毛器や冷却ジェルの改良で、肌を冷やさずに脱毛が可能になり、脱毛スピードもより早くなったことで全身脱毛料金の低価格化により、さらに人気に拍車がかかっています。

 

この中からあなたにピッタリの脱毛法をみつけて、つるツヤ美肌を手に入れてオシャレを目いっぱい楽しんでくださいね。

脱毛部位で選ぶならこちらから♪

顔脱毛特集 ワキ脱毛特集
腕脱毛特集 背中脱毛特集
VIO脱毛特集 脚脱毛特集
全身脱毛特集